ほなろぐ

徒然なるままに、現役女子大生(22)が思うこと感じることを書いています。

風邪、酒焼け、、、ではなく遺伝です。

 
騙されたと思って自分のコンプレックスを記事にしてみる!!!
たくさんコンプレックスがあるけれど一番先に思いついたものを書いてみます。
 
女の子だったらいろんなところが気になるものです。うんうん、わかります。
   
が、
 
私のコンプレックスはそう、どうがんばっても直すことができない部分、『』にあります。
 
私がみんなと声が違うと気づいたのはきっと中学生のころ。
そりゃあ、人間たくさんの人がいるから高い声だったり低い声だったり、それぞれの声があります。
みんなと違って当たり前!です。
が、どう違うかというと声の高低の問題ではなく、私の場合はかすれ具合にあります。笑
自分ではなかなかわからないのが正直なところなのですが、私の声は一般的にかすれていてガラガラです。
よく言えばハスキーボイスってわけです。
相手の人にうまく聞き取ってもらえない場合も電話ではよくあります。笑
自分の耳で聞くのと相手が聞き取るのって自分の声は違うといいますが、本当にそうだなと日々実感しています。
 
友達がなにげなく、携帯でムービーをとるとき私は声をなるだけ出さないようにしたり、高めにだしてガラガラ感を消したり、なんてことを実はやってます。。笑
 
 
 
思春期真っ只中のころ、声のことで言われたことをきっかけにどんどん私は自分の声について
気になり始めます。遠足?かなにかでみんなでバスで乗っていたときに、男子にガラガラ具合で馬鹿にされました。
あの声やばくね?みたいな感じだったかなあ(あんまり覚えていない)
 
その場では気にしていないフリをしていたけれど、家に帰ってなんで自分の声はかすれているのか両親に聞いたこともあります。笑
私の声は完全なる遺伝によるもので先日亡くなった祖父が超ハスキーな方だったので
じいちゃんからきてます完全に。
 
中学のころ、優しくて大好きだった顧問の先生にも「田村、風邪か?」と聞かれて、
 
はい。としか答えられず。
 
先輩のマネージャーさんにも立て続けに風邪?早く治しなね〜〜!と今度は風邪と断定され、かつ、心配されて、
 
はい。としか答えられず。笑
 
大学一年で初めて会ったサークルのちょっぴりギャルっぽい子に、え?なにその声、酒焼け?と
言われたこともいまではいい思い出です。笑
 
言われた方は全然気にしていない一言でも言われた方は覚えているとはまさにこのことですね。笑
当時の私は、自分ではそんなにガラガラしてないと思ってたし、
人より少しかすれているくらいでしょ、と半分認めていないところもあったので
なんで声のことでいろいろ言われるのかわかっていませんでした笑
お酒もそんなに飲んだことのなかった私に酒焼けなんて・・・と一人思っていました。
声のことバカにした人リストまでは作っていなかったけど、一時期言ってくる人が多すぎて、
初対面で声のこと言ってくる人に対してはなんか距離とったりしたこともあります。笑
・・・バカですね。??
 
もともとガラガラなくせに、声も枯れ易く、体育祭とかで声を出しすぎたあとは翌日、一人ガラガラを通して声が出なくなることもしょっちゅう。。。笑
 
未だに声が高い女の子っぽい声の子と話すときはなんだか上ずっちゃうこともありますwww
差が大きすぎて?
 
ただ、いろんな人と会ってきてユニークな声のおかげで、名前は覚えてもらっていなくても
あ!ガラガラの声の子ね!とか、ハスキーボイスいいなあ、とか言ってもらえたり、たまにいい点ももちろんあります。
 
ガラガラorスカスカ笑なのはもう仕方ないので受け入れてみたら、
なんだかいまでは前より生き易くなりました。
 
自分では気にしてないつもりでしたが、声のことを言われるたびにどこかで落ち込んでいた自分が
いたのにも気づくことができました。
いまでは自虐ネタに持ち込むこともできれば、いちいち落ち込むこともなくなりました。
 
つい先日も久しぶりにあった友達にあれ、そんなに声かすれてたっけ?と聞かれたばかりです。笑
自分では微塵も気付けないので本当に新鮮というか、どんだけかすれてるんだと開き直るレベルにまで達しています。
 
これが私だし、どーせ変えれないんだし、受け止めてそれごと好きになっちゃえばいいんじゃん☆
 
ということで文面ではどれくらい私の声がかすれていてガラガラなのか伝わらないのが残念。笑
 
直接会って検証してみてください・・・笑
 

 

f:id:fushigidanechan:20160910160505j:plain※ねずみは関係ありません。笑

 

                                                                                        ▶︎To be continued...