読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほなろぐ

徒然なるままに、現役女子大生(22)が思うこと感じることを書いています。

4歳児から改めて学んだ超大切な3つのこと。

 こんばんは。ほなみでーす。前髪うざくなってきたからそろそろ切りたいけど自分で切ったら自滅することがわかっているから前髪うまくきれるなんか技とかあったら教えてください。。。それかもういっそことこのまま伸ばそうか。。(何回目)

前髪問題って一生持ち上がる問題だと思うんですけどどうでしょうか?伸ばそうかな、切ろうかな、どうしようかな、みたいな話題っていつもあるきがする。笑

 

 

 さてさて。私の幼稚園生活(?)も無事終えました。早いもので。

オーストラリア生活最後のチャレンジが終了しました。

 

私が行っていたクラスがちょうど4歳児クラスなんですが、特徴をあげるとしたら

・うるさい

・話聞かない

・誰かがやったことをすぐ真似したがる

・とにかく元気、寒いとか気にしない

・うるさい

・ひたすらかわいい

 

以上です。子どもは世界を救う〜ひたすらうるさいしひたすらしかとされるし、

話聞かないし、すぐ忘れるし、でもほんとーーにかわいいっていう。

 

でも、そんな彼らから学ぶこともあったよってことでメモがてらに書きます。

 

1.やりたいことはやる、やりたくないことはやらない

この点一貫しています。やりたいことはもうなりふり構わず、自分が一番だといわんばかりにやり通す。気がすむまで。終わったらもういいの?と聞きたくなるくらい、引きが早い。ただ、やりたくないことは「やだ」か見向きもしなかったり。

でもやってほしいこともあるのでお願いしたりすると案外やってくれることも。

 

2.立ち直りが早すぎる

よく先生が怒ります。なんたって彼らは話を聞いてなかったり、五秒前にいったことすら忘れていることもあります。笑 それで結構きつめに怒られることもしょっちゅう。

その場で泣きじゃくる子もいますが、これまた早い。さっきまで泣いていたかと思いきや、けろっとして友達とそこらへんを駆け回っている。。おそるべし4歳児。

 

3.超絶素直

とにかく素直。泣きたい時に泣いて笑いたい時に思いっきり笑う。

たまにひえーーってなるけど自然体でいいなあって。1とも少しかぶるかもしれないけれど、彼らは自分の意思のままに動いている。

 

万国共通!!!子ども、かわいい!!!!

 

そしてそして、最終日であった昨日にはその場にいた述べ20人の子どもたちから

一人一人ハグをいただきました!!!いえいっ!!!

ハグ文化いえすっ!!!!!!笑

 

最後の最後までtsunami~tsunami~とバカにされたけどI want you to come next monday!

と言われた時はさすがに泣きそうになりまして。

短い間だったけど見ず知らずの私に人見知りなし、どんどん話しかけてくれたり、

元気をくれた彼らにありがとうの気持ちでいっぱいです!

確かにボールがいきなり頭に当たったり、いきなり乗っかられたり、bear hunting行くぞと誘われてなんか園内をぐるぐる回ったりもしたり。。。笑

拒否られたこともあったけど、無事終えることができました。笑

 

そして、受け入れてくれた幼稚園、先生方にも感謝だなあ。

 

実は実習の最中、あーまた明日もある〜〜となんだか行くのが億劫に感じた時も

なかったわけではないので、最後は自然と泣きそうになったのがちょっと自分でも

びっくりしてて。こういう話っていろいろあったけど最後はよかったーーってなるのが

だいたいのオチじゃないですか。でも私の場合はそうなれなそうだなあと正直思っていた・・・← 

 

なんだろう、まだつかめてなかった部分も多いし、英語の部分で子どもたちが

なにを伝えようとしているのかわからなかったこともあったので騙し騙しやって

いた部分もあったなって今思うとあってね。

 

でも、みんなと別れる時自然と涙がでてきてああ、なんかその中でいろんな

もどかしい思いもあったけど終えられてホッとしたのと共にまた明日も会いたいなっていう気持ちが無意識にでてきたんです。不思議なもので。

 

なにか新しいもの、ことに挑戦する時、ほんっっっっっとうに不安に駆られるのが

正直なところありまして、そうは見られないとよく言われるけど

幼稚園実習1日目は本当にナーバスで行きたくなかったし(笑)その前の学校も

じぶんでいくと決めたはずでよっしゃ!たのしみだ!ってなったけどはじめのpeer teaching(っていうじぶんが先生になってレッスンするやつ)の前は前日の夜、

眠れなかったり。笑

緊張に本当に弱いんですね。いまだから言えますけど。

 

でもそれを乗り越えちゃうと案外、いけるっていう。

 

こんな経験皆さんにもありますか?

 

きっとこんな感じではやくは進めないけれど、生きていくんだな、私は。と

思ったり。一個一個積み上げていけばきっと見えてくるものがある。

 

折り紙のレパートリーももっと増やせたらよかったな、とかいろいろ

思うこともありますが、ここに終了したことを報告させていただきます。

 

 

f:id:fushigidanechan:20160716082536j:plain

 

 

 

それでは、また。

 

                                                                             ▶︎To be continued...