ほなろぐ

徒然なるままに、現役女子大生(22)が思うこと感じることを書いています。

つぐづく思うことがありまして。

 こんばんは!ほなみです。ルームメイトが料理上手なのですが、今日は失敗作のタイ料理(?)をゲットしました。彼女いわく失敗作らしいけど私にしてみればなんの問題もなく(強いて言えば少し辛い)おいしくいただきました。

  私、つくづく思うことがあるんです。それは何かって言うと、、なんだと思いますか?笑

 

〜〜今日の出来事。クラスメイトに韓国人のかわいらしい、華奢な、そしてとっても元気な女の子がいます。彼女とは昨日知り合ったばかりで、名前くらいしか知りませんでした。今日なにげなく、兄弟の話から年齢の話になり聞いてみたんです。

そしたら、彼女、31歳と答えるじゃあありませんか。

 

・・・はっきりいって同じくらいだと思ってました。笑

10歳も違うなんてびっくり??

数学の先生を韓国ではしていたそうです(英語ではない笑)が、

英語もとっても流暢です。

私が彼女に「信じられない、超若く見えるよ!」といったら、

日本語で愛してる〜〜と言われましたww

でも、ほんっとうにお世辞抜きにびっくりしました。

 

ってなことが今日ありました。他にもなにげなーーーく、年齢を聞いたりすると

思いもよらぬ回答が返ってくることがあります。

 

逆もしかりでこれは特に、ヨーロピアンとかオージーとかに多いのですが、

バイト先のオージーも25くらいかなと思っていたらなんと2つ下という。。笑

teenagerか。。君は。。。ということにもなりました。

 

少し脱線しましたが結論からいうとなにをするにも年齢は関係ないんだなと。

最長で私は学校にいた友達が40歳を超えます。

彼は「若いころ俺は、ワーカーホリックだったぜ・・ふぅ。。」

なんてことを言ってました。お金を稼ぐことも大切だけど時間はもっと大切だったと回顧していたのがとっても印象的。

 

 最近では、日本人で子育てを終了した夫婦がいっしょに語学留学にきていると聞いたこともあるくらいです。

 

これは語学留学に限らず、他のことにもいえると思っています。

 

そしてこのことは同時になにかをはじめることに遅すぎるということはないんだということを示唆しているのかなと思います。

確かに早ければ早いほどきっといいこともあります。でもきっとそれもdepend onです。

しかし、考え方によっては過去に◯◯がなかったら、そのことにすら気づかなかった

かもしれない。

 

今更やってもな〜とか愚問ですよ。

f:id:fushigidanechan:20160615215955j:plain

 

やりたいと思った時にやるのが一番。そこにプライドとかきっと必要ない!

何歳になってもあなたはあなたですし、あなたはあなたを生きる権利があるし、

誰に何て言われようともあなたはあなたでしかないんです。

 

・・・写真はメルボルンにいたときの。恋しいな、メルボルン

 

 そろそろオーストラリア生活も終盤なのですが、実感がまったくありません。

ただ、1日1日がおそろしく早く経過する。これは何の現象かわからないけれど

その事実を前にただ目の前の1日をたいせつにして全力で駆け抜けるしか

ないのだと思う。。

 

 つくづく時間の経過は早いと思う。一生の時間は人によって違えど1日は24時間。

その限られた中でなにをして、誰と過ごして、なにを食べて、なにを着て、どこへ行って、なにを見て、なにを食べるか(2回目)、他の誰でもなくきっと自分で決めたい。

 

いや、私は決める人生を送ろうと思う。

自分の筆をとって、真っ白な画用紙に道を描くのは、描きたいのはこの私です。

今もなお、舵取りに苦戦してますけどね・・・?

 

                                                                                            ▶︎To be continue...