ほなろぐ

徒然なるままに、現役女子大生(22)が思うこと感じることを書いています。

死にそうになった話5選。そのに。

 今回は山へハイキングへ行ったときの話。

 

オーストラリアは思っているより、自然が豊かである。いや、豊かすぎる。

広すぎる。でかすぎる。笑

 

 

あなたがオーストラリアって広いんだよな。。。と想像している20倍はきっと

大きいと思う。断言しておこう!!!!笑

f:id:fushigidanechan:20160603161022j:plain

 

 

 

 

いま住んでいる家の前にシドニーの中心街でシェアハウスで12人で暮らしていた。

 そのときの話もあとあと書こうとは思うが、その家から引っ越すまえに次の家のオーナーが私をハイキングに誘ってくれたので私は二つ返事ではいいきますといったのが、

事の経緯である。

 

行ったのはWoy Woyというところ。中心街から電車で1時間くらいだからそんなに遠くない。

f:id:fushigidanechan:20160603160541j:plain

 

結論から申し上げておこう。

 

「死 ん だ」

前回から死んだだの死にそうになっただの、連呼していて申し訳ない気持ちでいっぱいなのだが、短くまとめるとこの3文字なのでお許しいただきたい。

 

あとから聞いた話によると合計25kmをゴールもわからず、ただ歩き続けていたらしい。

ハウスオーナーはそのイベントのホストだったので、あんまり相手をしてもらえず、というか彼は先頭をいっていたので途中からついていけなくなったのという方が正しいのだが。

私以外の参加者はみんな顔見知りといったかんじで、しかもみんなお母さん世代なので、何をどう話したらいいのかわからない。笑

運良く、今回同じく初参加だというシンガポールから出張できているという女性と出会い、流れでその女性と話しながら歩く事になった。

 

はじめはよかった。

わあ、綺麗~~と何度言った事だろう。山に行くまでに小さいボートみたいなので行ってボキャブラリーが少なくてなんといったらいいかわからないが、そこからは本当にThe Mountainといったかんじであった。

f:id:fushigidanechan:20160603161158j:plain

 

 

 

シンガポール女性とシンガポールは英語が公用語で中国語も第二公用語みたいなものだと聞いてシンガポール最強かよと薄っぺらい感想だが思ったり、(笑)

 

彼女の仕事事情について聞いてみたり、全部経費で出ているから外食し放題だと自慢を聞いたり。笑

先週はBlue Mountainに行ってきたらしく、話題はあまり尽きる事はなかったと思う。

そして彼女は水はまだある?とかトイレは大丈夫?とか私の事を気にかけてくれた。

 

話している間はよかったのだが、話題も尽きてきた頃、道はどんどん険しくなり、話をする余裕さえなくなっていった。。足場は砂→土→固めの岩(?)みたいなかんじで

固いところから柔らかいところになったり、幾度となく変わっていった。

 

ゴールのない果てしないハイキング・・・

 

途中、私と彼女以外の人たちが見えなくなった。

私たちの歩がずいぶんと遅かったらしい。

 

ただ、ひたすら歩いた。

ひたすら歩いただけなのだが山道なのでかなり険しく、足場も悪い。

それなのに私たち以外の人たちはサクサク歩いていく。

f:id:fushigidanechan:20160603160818j:plain

この疲労を文章でどう表現したらいいのかわからない。

なんであろうか、あの疲弊感は!!!笑

今日はもう、写真で誤魔化している!!!!!!

 

f:id:fushigidanechan:20160603163053j:plain

 

 

そのあとのビールは格別だったのはいうまでもない。笑

ビールとカラマリをいただいた。ありがとう、カラマリ~~~!!!

f:id:fushigidanechan:20160603162726j:plain

(ありがとう、カラマリの図 in woy woy)

おじさんたちが陽気だったのが楽しかったな。

英語がわからなすぎたのはおいといて。。。笑

 

 

が、

・・・私はこのあと一度もハイキングには参加していない。。笑

 

あ、でもまたキャンプには参加したんだった。今度またキャンプの話もしますね(笑)

 

次の日起き上がれなかったのは、いうまでもありません。

 

                       

f:id:fushigidanechan:20160603163023j:plain

 (全体写真)

                                                                                                ▶︎To be continue...